ティモンディ高岸・前田の野球がプロ並み!高校時代の練習メニューが地獄過ぎ

じわじわとテレビの露出も増えてきてる芸人ティモンディは、甲子園で初出場&初優勝していることで有名な済美高校の軟式野球部出身。

元ピッチャーの前田さんは、なんとMAX150キロを投げる豪腕!

済美高校出身でガチの甲子園球児だった、高岸と前田の野球部時代のエピソードがヤバすぎましたので、こちらの記事で詳しくご紹介していきます。

 

ティモンディのプロフィール

写真左から、前田裕太(まえだゆうた)さん、高岸宏行(たかぎしひろゆき)さん

サンドウィッチマンやカミナリが所属しているグレープカンパニーのお笑い芸人です。

ティモンディ高岸のプロフィール(ボケ担当)

  • 出身:愛媛県
  • 生年月日:1992年10月8日
  • 血液型:A型
  • サイズ:身長188cm 体重 90kg
  • 足のサイズ:30cm
  • 趣味:温泉、神社巡り、トレーニング
  • 特技:球技、野球(最速150キロ)、スポールブール、ファウストボール(日本代表)
  • 学歴:済美高校→東洋大学

 

ほぼ190cmの長身で、100mを10秒台で走る俊足の持ち主である怪物の高岸さん。

球技全般が好きでよくスポーツ系のバラエティに出演されてますね。(ちょっとガリットチュウの福島さんに似てますw)

軟式野球部時代は、高校2年生の時に控え投手兼野手としてレギュラーの座を獲得。

3年生のときの夏の甲子園では、愛知県大会で決勝まで行くも、残念ながら負けちゃったので甲子園にはいけなかったそうです。

その後、東洋大学に進学した前田さんはプロを目指しますが故障したため断念し、芸人の道へ進んだ経歴の持ち主です。

 

ティモンディ前田のプロフィール(ツッコミ担当)

  • 出身:神奈川県
  • 生年月日:1992年8月25日
  • 血液型:B型
  • サイズ:身長175cm 体重 68kg
  • 足のサイズ:27.5cm
  • 趣味:サッカー観戦、読書
  • 特技:勉強、野球
  • 学歴:済美高校→駒澤大学、明治大学 法科大学院中退

 

ティモンディのツッコミ担当であるイケメン前田さん。

身長175cmもあるのは意外でした、188cmの高岸さんの隣りにいるので小さく見えますよね。

済美の野球部時代は、2年生時に前田さんと同じく控え投手兼野手でしたがベンチメンバーだったようです。

その後、大学院まで進学しますが、怪我をしたため高岸さんが声をかけて2015年にティモンディを結成したようですね。

そんな二人の野球エピソードがヤバいので紹介していきますね。

 

ティモンディ高岸|MAX150キロのピッチャー!?

ティモンディ高岸さんは済美高校のレギュラーの座も獲得していたピッチャー。

高校時代のMAXの球速はなんと147キロ!

引退後に、2018年12月には150キロもマークするほどの豪腕です!

独立リーグのトライアウトにも挑戦するということで、今後も野球への挑戦は続くみたいですね。

 

そんな高岸さんの凄いピッチングがわかる動画がありましたので紹介します。

 

綺麗なピッチングフォーム。

素人から見みるとプロ野球選手との違いが正直わからないレベルですねw

 

この動画を見た視聴者からは、

「プロより綺麗な良いフォーム」
「なんで現役の球速更新すんねん笑」
「フォークが完璧な決め球すぎてヤバイ。」
「なんで芸人やってるの?って言いたいw」

驚きのコメントがたくさんありました。

 

身長188cmという高さから放たれるボールの威力に、キャッチャーの方も驚いてますね。

ティモンディさんのせいで、これから登場する芸人さんは気軽に野球が得意ですなどと言えなくなっちゃいますねw

 

ティモンディ前田|ゼット体力測定で日本一だった!?

そして忘れてはいけないのがティモンディの前田さん。高岸ばかり注目されがちですが、実は前田さんも十分バケモンでした。

なんと東海大相模・作新学院から声をかけられていたほどのサウスポーピッチャーとして逸材だったそうです!

さらに、ゼットが主催している体力測定で、高校1年生と2年生のときに全国1位を記録していたとのこと?!

ゼット測定とは、ゼット株式会社さんが主催している、野球専用のパフォーマンス向上プロジェクトのことのようです。

超簡単に言うと、筋力・柔軟・スピードなど多岐にわたる24の測定項目で、選手たちの能力を数値化して評価するものだそうですね。

 

私のような素人には、ゼット測定全国1位の凄さがわからなかったので一般の方のコメントを載せておきます(笑)↓↓

「ゼット測定全国一位はわかる人にはわかるよな。死ぬほど凄いぞ。」

「ヤクルトの中村悠平選手も高校3年時全国1位でしたから化け物ですよね笑」

つまり、プロに匹敵するというか、むしろ全体でいうとプロの中でも筋力に関してはトップクラスだったことがわかりますね。

 

そんな前田さんのきれいなピッチングフォームの動画がこちら(1:30あたりから)↓↓

 

高岸さんに負けないくらいのピッチングですよね!

細身の体なのに太ももの大きさはまさに野球選手そのものでしたw

イケメンで甲子園球児のサウスポーピッチャーなんて学生時代はモテモテだったに違いないですね!

 

ティモンディの済美野球部エピソードがヤバい!

ティモンディー高岸さんと前田さんの凄さがわかる、済美高校の野球部時代の練習エピソードが色々とやばかったのでご紹介していきます。

 

ゴムで引っ張られながら100m走で10秒台

ゴム走練習というもので、2人1組になり、1人が150mのゴムを腰に巻いてもう1人が引っ張りながら走るというもの。

この練習でなんと前田さんは100mを10秒台で入っていたとのこと!

嘘か本当かはわかりませんが、本当だったらゴム無しでマジでウサインボルトの世界新記録だせそうw

そして、芸人さんがよくやるゴムパッチンみたいになることもあるそうですw

 

5キロの丸太を担いで永遠に走る

5キロの丸太を担いで、70m四方のグランド?を永遠と走るという練習。地獄すぎる…

70m四方なので、つまり280mを永遠に走る練習ですね。考えただけでも吐きそうになります…

 

バッターのトンカチ練習

トンカチ練習はバッティング練習の一環で、トンカチで2000回をたたくのが1セット。

手首のスナップがこの練習で鍛えられるそうです。

 

2kgの鉄柱でティー打撃

こちらも済美高校ならではの特殊な練習で、特注の2kgの鉄柱を使って、ゴルフボールを打つという練習です。

最初はなかなかゴルフボールに当てることが出来ないそうですが、この練習をこなすことで試合でもバットにボールを簡単に当てれるようになったと語ってました。

 

済美の10トンメニュー

ウェイトトレーニングでは10トンメニューというものがあったそうです。

10キロでも何キロ良いけど、合計で10トンのウェイトトレーニングをこなさないと辞められない地獄のトレーニングとのころ。

このトレーニングを重ねることで、バットが爪楊枝くらいの軽さに感じるようになったと語ってました(笑)

 

最初にお二人のピッチングを見たときは凄い!と思いましたが、済美高校の練習について聞くと、これだけやれば確かに…という気持ちになりますよね(笑)

今後もバラエティなどでTVの露出が増えてきて人気が出そうなティモンディ。

ぜひこの済美高校伝統の練習をこなした人たちだ!ということを踏まえてネタなどもチェックしていきたいですね。